スポンサードリンク

今回は、ふたりの女の子につけたひらがなの名前「かなえ」ちゃんと「あかね」ちゃんの名付けエピソードを紹介したいと思います。


名前を付けるとき、あなたは何を参考にしますか?

人気の名前や有名人の名前などを参考にする人も多いかもしれませんね。


でも、名づけをするときになかなか決まらない!・・・それが漢字でしょう!!

漢字にはそれぞれ意味があって、その意味や読み方の響きなど、いろいろな観点から名前を決めなければなりません。

でも、よくよく考えてみると漢字に固執する必要はないのかも?って思うことってありませんか?

そう!ひらがなの名前ってアリって人も多くいるそうなんですよね。


今回は、女の子の姉妹にひらがなの名前をつけたUさんの名付けエピソードをご紹介していきます。

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク



長女「かなえ」の名付けエピソード!名前はドラマの有名人から!


私は24年前と22年前に2回名付け経験があります。

二人とも女の子でした。

まずは24年前、最初の娘が生まれたときのエピソードをご紹介します。


最初の娘の名前、それは漢字ではなくひらがなの名前で「かなえ」と名づけました。


同じくらいの年代の方ならご存知かもしれませんが、主人が当時流行っていたドラマで「愛はどうだ」というドラマがありました。

3人娘と早く妻をなくした父親のストーリーで、そのドラマに登場する娘たちの名前が、あやめ・かなえ・さなえでした。

女優の「つみきみほ」さんが演じていたのがかなえで、主人はそのつみきみほさんみたいなボーイッシュみたいな子が好きだったようです。

そこで最初の子は絶対「かなえ」だと、まだ生まれる前から決めていたそうです。


特に私もダメということもなく、ここまではスムーズに名前が決まりました。

しかし・・・。

スポンサードリンク



名前の漢字をどうするか・・・決まらなくてイライラ


さて、ところが名前は決まっていても、そこからが大変でした・・・。

なぜなら名前の漢字が決まらなかったんですよね。


最初、名前がひらがなじゃなぁ・・・って思い、姓名判断の本を買って漢字の画数など調べました。

私は名字が一文字だったので、名前を漢字一文字にはできませんでした。

なんとなく見た目が良くなくて・・・。


また、いくつか候補を挙げたときに私の従妹に相談すると、「絵」という漢字は縁起悪いからだめっていわれてしまい振り出しに(_)

恵にしょうかなぁ?江や枝など今風じゃないなぁ・・・って思ったり、全然決まらなくってイライラ。


こうなるとどんどん深みにはまって決まらなくなるんですよね。

シンプルにひらがなで!「かなえ」に決定!


その後もいろいろな漢字を調べまくり、時間だけがどんどん過ぎていきました。

もしかして、このまま名前が決まらないかも!?ってちょっと心配にもなりました。


そんな時、旦那のめいっこに「みなみ」っていう子がいたのを思い出したんです!

それで、あ!ひらがなのままでもいいんじゃない!?って。

最初は敬遠していたひらがなの名前でしたが、自分の苗字と組み合わせてみるとすっごくしっくり!、夫もひらがなもいいかも!?って言い出したんです。

まさに「灯台元暗し」って感じですよね。


また、名字も一文字で見た目もいいし、ひらがなのほうが将来結婚したときに画数を気にならなくてすむというメリットも。

そんなこんなで長女の名前は「かなえ」に決定!

「かなえ」は夢をかなえられるようにという願いを込め、当て字で無理やり漢字にしないことにしました。


こうして最終的に「かなえ」という名前で両親も納得。今では大きくなった娘も気に入ってくれていたようです。

悩んだ甲斐もあったなぁといまさらですがほっとしたり。

次女の名前は「あかね」!やっぱりひらがなに決定



次に次女が生まれたのですが、このときは私の思いつきで名前を決めました。

次女の顔を見たとき、この子の名前は「あかね」ちゃんって頭の中にビビビって出てきたんです!


その後はまたまた姓名判断の本で研究と画数の葛藤が始まりましたが、あかねは漢字があまりないんですね・・・。

当て字も考えましたが画数もあわないので、それなら!と思い切って下の子と一緒でひらがなで落ち着きました。


そしたらびっくりするような偶然が!

偶然の一致!?二人の名前をローマ字にすると?


名前を決めた後、しばらくたってからふと気づいたんです!

「かなえ」も「あかね」もローマ字で書いてみてください!!

「kANAE」と「AKANE」ですよね?


なんと、KとAとNとEしか使わないローマ字ができあがっていました。

あ行・か行・な行しか使わない名前だし、1行目と4行目しか使わない名前なので偶然そうなったのですが、主人が決めた大好きな人(役柄)の名前と私が娘を生んだあとに思い付いた名前がこんなに運命的な名前だったとは思いませんでした(^_^)

ただの偶然だったかもしれませんが、こんな運命的な出来事があったのだからいつまでも姉妹仲良く成長してほしいと思いました。

◆関連記事もあります。
女の子と思っていたら男の子だった!?名前は古風に「十和」で即決!
今回は、Hさんの長男の名前「十和」(とわ)の名付けエピソードをご紹介します。この「十和」という名前は、漢字ではランキングに入っていないものの、読み方の「とわ」で...

名前の候補を聞いても参考にしないB型夫!名付けは「逸花」に!
今回は、Mさんの夫が決めた「逸花」(いちか)という名前の名付けエピソードをご紹介します。この「逸花」という名前は、漢字ではランキングに入っていないものの、読み方...

名付け本やネットの姓名判断よりも印鑑屋が決めた名前「竜旭」!
今回は、Oさんが長男に贈った名前「竜旭」についての名付けエピソードをご紹介します。名付けって本当に難しいですよね。最初からこれ!って決まっているならいいのです...


最後に・・・


いかがでしたか?

今回は、Uさんが決めたひらがなの名前「かなえ」ちゃんと「あかね」ちゃんの名前を決めたときのエピソードをご紹介しました。

ひらがなの名前も候補として考えてみてもいいかもしれませんね。


名前といえば漢字って思いがちですが、ひらがなの名前に願いを込めるのもアリですよね。

難読な漢字、珍しい名前など巷では変わった名前も多くいらっしゃいますが、どことなく安心感のあるひらがなもいいものです。

ぜったいに読めますし、間違えられないですからね(^_^)


名前の漢字に迷ったら、どことなく和風な雰囲気もあるひらがなの名前をぜひ候補に加えてみてください。

最後までありがとうございました。

スポンサードリンク