今回は、悲しい時に読みたくなる元気が出る漫画タイトルをご紹介します!


人の言葉に傷つけられる、頑張っても頑張っても仕事がうまくいかない、かけがえのない人を失ったとき…悲しくなる元となることは、人によってそれぞれです。
悲しい時に元気を出す方法の一つ、漫画を読むこと!!ということで、今回はそんな悲しいときに元気が出る漫画を見ていきたいと思います。




元気を出すにはって悩むことも。人間だもの。



努力して頑張っているのに前に進めないとき、傷つけられる言葉を投げつけられたとき…など、悲しくなる理由は一人ひとり異なりますが、時にはなぜ自分がこんなにも悲しいのかその理由がわからないこともありますよね。
悲しくて悲しくてたまらないとき、元気を取り戻すには一体どうしたらよいのか…

悲しいままにとことん泣く、思いっきり声をあげて泣きじゃくる、泣くことによって少しはスッキリするでしょうか。
自分の悲しい気持ちを人に聞いてもらうと、人に話せることによって落ち着くこともでき、人の温かさを感じられ癒しになります。
音楽を聴いてみたり、本を読んでみたり、散歩で気分転換をするなど、なぜ悲しいかがわからないときには、いろいろと試してみるといいですよ。

悲しくさせている根源がわかっているのなら、その悲しみを軽くしてくれる漫画を読むのはどうでしょうか。
漫画には、前向きになれるパワーをもらえる漫画、悲しみなんて吹き飛んでしまうくらい笑える漫画、人の優しさや温かい気持ちを感じて癒される漫画などたくさんの種類の漫画があります。
自分の悲しみの状態を緩和してくれる漫画を選んで読むと、漫画から元気をもらえるかもしれません。

悲しい時に元気が出る漫画のタイトルランキング!



悲しいときに小説を読むのもいいですが、漫画なら漫画に描かれている絵に癒されることもあると思います。

そこで今回は、悲しいときに元気が出る漫画のタイトルを個人の観点で選び、ランキングにしてご紹介します。


スラムダンク


created by Rinker
集英社
¥660 (2021/10/26 04:27:22時点 Amazon調べ-詳細)


井上雄彦の『スラムダンク』、高校生になった花道(主人公)は、彼女を作ろうと声をかけた赤木から「バスケットは好きか」と聞かれ「大好き」と答えます。
そんな軽い気持ちで入部した花道が、地道な練習や試合を通し、バスケの面白さに目覚め、チームの要となっていきます。
諦めずに今を生きていきたいと思わせ、何度も繰り返し読みたくなり、読むたびにパワーをもらえる漫画です。
「諦めたらそこで試合は終了ですよ」などの安西監督の名言も心に書き留めておきたい名作だと思います。

1990年から週刊少年ジャンプに連載された漫画でアニメやゲームにもなっています。
今もなお絶大な人気があり、2022年の秋には映画化されます。


宇宙兄弟


created by Rinker
¥660 (2021/10/25 13:45:28時点 Amazon調べ-詳細)


小山宙哉の『宇宙兄弟』、幼少のとき兄の六太と弟の日々人は星空を眺め約束をかわします。
幼少の時の約束通り、弟は宇宙飛行士となるが、兄は会社をクビになり無職に・・・。そんな兄に弟からメールがあり、そのメールで再び兄は宇宙を目指します。

夢に向かって走り続けるひたむき姿に感動し、勇気と希望をもらえます。
兄弟にかかわる登場人物一人ひとりも生き生きと描かれていて、個性的で面白く、温かさを感じます。


おじさまと猫




桜井海の『おじさまと猫』、誰かに愛されたかった猫とひとりのおじさまの物語です。
一人の男性と一匹の猫が出会い、猫がおじさまに心を開いていく様子に涙が出ます。
優しく温かい気持ちになる、心癒される漫画です。


ブルーピリオド




山口つばさの『ブルーピリオド』、成績優秀、スクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、何かが物足りない、どこか空虚な焦燥感を感じ生きている矢口八虎が一枚の絵に心奪われてから美大を目指します。
展開が面白く、心理描写が巧みで、目標に向かって頑張っている主人公の姿を見て自分も頑張ろう!と思える漫画です。


ばらかもん




ヨシノサツキの『ばらかもん』
田舎の島に移住することになった書道家、都会暮らししかしたことがなかったお坊ちゃんの半田清舟が、大変な思いをしていく中で年下の子供たちと仲良くなり、なんとか田舎の島で暮らしていけるようになります。

コメディ要素もあり、温かさ優しさも感じ、ほのぼの心が温まって元気が出ます。
疲れすぎて知らないうちに涙が出ている…そんな時に読みたい漫画です。
「ばらかもん」は五島の方言で「元気な人」の意味があるそうですよ。


かしましめし


created by Rinker
¥792 (2021/10/25 09:20:45時点 Amazon調べ-詳細)


おかざき真理の『かしましめし』
心が折れ会社を辞めた千春、恋人とうまくいかないゲイの英治、男でつまづくナカムラ、3人は同級生の自死をきっかけに再会します。
辛くて心が死にそうになっても、3人で一緒にご飯を食べると生き返ることができる…

誰かとご飯を一緒に食べることで、悩みは解決しなくても心は救われる。
誰かに受け止めてもらい、話をきいてもらえるだけでも安心できる。
そんな風に感じさせる漫画です。


違国日記


created by Rinker
¥660 (2021/10/25 07:27:36時点 Amazon調べ-詳細)


ヤマシタトモコの『違国日記』
少女小説家の高代槙生は、姉夫婦の交通事故死により遺児となったあゆみが親戚間でたらい回しにされているのを見過ごせず引き取ることに…
まったく性格の異なる不器用な二人が、時にはぶつかり、それでも周囲に流されることなく素直に生きていきます。

人は一人ひとり違うのだから同じように生きていけなくてもいい、自分の弱さをみせてもいい!自分に素直に生きてもいい!と感じさせる漫画です。


女の園の星




和山やまの『女の園の星』、女子高を舞台に先生と生徒の日常を描いています。
学級日誌で繰り広げられる絵のしりとりなど、なんてことのない女子高の日常を描いている漫画なのですが、声を出して笑ってしまうほど面白い!
電車など公共機関を使っての移動中に読むのは要注意ですよ!と言いたいくらいに、笑いがこらえられない面白い漫画です。


夏目友人帳


created by Rinker
¥495 (2021/10/25 07:27:37時点 Amazon調べ-詳細)


緑川ゆきの『夏目友人帳』
妖怪が見える秘密を抱えた孤独な少年夏目は、強力な妖力を持っていた祖母レイコの遺品「友人帳」を手にして以来妖怪に追われることになります。
妖怪が見えることで辛く苦しいことを経験する主人公が、力強く優しく生きていく姿に勇気をもらえます。


きのう何食べた?




よしながふみの『きのう何食べた?』、ゲイカップルの日常がコメディタッチに描かれています。

マイノリティゆえの苦悶や周囲の人たちの描き方がうまく、一人ひとり違う個性、いろいろな暮らし方があっていいのだなと思わせ、ほのぼのした気持ちになる漫画です。
節約しながら考えて出される料理の品も楽しみの一つです。

【11位】

メタモルフォーゼの縁側




鶴谷香央理の『メタモルフォーゼの縁側』、75歳のおばあちゃんと17歳の女子高生書店員が「BL」を通じて距離を縮めていくお話です。
 
年齢に関係なく好きなものを好きと言えることが素敵、ちゃんと前向きで、やさしくてほっこりする心地よい漫画です。

【12位】

海街diary




吉田秋生の『海街diary』
三姉妹は母と離婚した父の葬儀で半分血のつながった妹すずと出会い、すずを加え四姉妹となって新生活を始めます。
心情描写が丁寧な漫画で、日常のトラブルにぶつかり、悩みを抱えながら前向きに頑張る姿を見ると何かもらえる気がします。

【13位】

海が走るエンドロール




たらちねジョンの『海が走るエンドロール』
夫と死別して一人になった65歳のうみ子は、訪れた映画館で映像専攻の美大生の海に出会います。
海によって自分は映画が撮りたい側の人間なのだと映画の世界に足を踏み入れるうみ子…

新しいことを始めるのに遅すぎるということはない、迷っている自分の背中をぽんっと押してもらえるような気持になる漫画です。

【14位】

こぐまのケーキ屋さん




カメントツの『こぐまのケーキ屋さん』、Twitter発の話題作品の書籍化です。

ケーキ屋さんを営むピュアなこぐま店長と優しい人間の店員さんのやりとりに癒され、ふふっと微笑む自分がいます。
優しさに包まれ、可愛い姿に癒されて、心が清らかになり、久しぶりに純粋な気持ちになれます。
とことん疲れた時に読みたい漫画です。

【15位】

クーベルチュール




末次由紀の『クーベルチュール』
イケメン兄弟が営むチョコレート専門店「クーベルチュール」に集まるお客さんの心温まるエピソードとチョコレートを絡めて話が進みます。
じわっとした感動があり、冷え切った心が不思議となごみ、心が温まります。
『ちはやふる』の末次由紀先生の作品です。

【16位】

ランウエイで笑って




猪ノ谷言葉の『ランウエイで笑って』、育人と千雪、二人の主人公が互いを高めあい夢を追い続けます。
やりたいことを貫く姿に胸が熱くなり感動する漫画です。
2017年から週刊少年マガジンで連載されていた漫画で、2021年7月に完結、2020年にはアニメ化されています。

【17位】

きょうの猫村さん


created by Rinker
¥641 (2021/10/25 09:20:48時点 Amazon調べ-詳細)


ほしよりこの『きょうの猫村さん』、猫が家政婦として働くお話です。
料理も掃除などの家事はもちろん、人間関係にも首を突っ込む猫村さんは、前向きな頑張り屋さんでお節介やき!でも可愛いんです。
こんな時間もあっていいかな~と思わせる、ほのぼの緩い雰囲気に癒される漫画です。

終わりに


いかがでしたか?
今回は悲しいときに元気が出る漫画のタイトルを個人の観点で選んでご紹介しました。

紹介した漫画には少なかったかもしれませんが、時には漫画に登場する名言に助けられます。
また悲しいときには「とことんどん底まで落ちると、あとは這い上がれるだけ!」という考えもありますから、そんな時は涙!涙!涙でとことん泣ける漫画を読むといいかもしれませんね。

人にも会いたくない、気分転換にどこかへ出かけることもしたくない、そんなときには漫画を読んでみるのもいいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク