柔軟剤による赤ちゃんのかぶれや肌荒れ、そして「香害」とまで言われる柔軟剤の香り!今回は、柔軟剤の赤ちゃんへの影響について調べてみました。

赤ちゃんの衣服やタオルに柔軟剤を使っていいのか・・・とお悩みのママさんに是非見ていただきたいと思います。



そもそも、柔軟剤は衣類やタオルなどをふんわりやわらかく仕上げる!・・・それが売りのはずですよね。

でも、最近の柔軟剤はどうでしょうか?もちろんふんわりやわらか仕上げの役割は存在しているのですが、どの柔軟剤も香りのことが先行していますね。


その香りはかなりの強さで、香水顔負けと言ってもよいほどの匂いが特徴の柔軟剤も存在します。

こういった香水のような柔軟剤の香りは赤ちゃんに影響しないんでしょうか?また、香りだけでなく柔軟剤は赤ちゃんの肌にもいろいろな影響を及ぼすという事もよく聞きますよね。


そこで今回は、そんな柔軟剤について赤ちゃんへの影響というポイントでご紹介したいと思います。

多くのことが気になる柔軟剤!そんなママさんたちの気になる部分を解消していきましょう。

スポンサードリンク



柔軟剤の匂いは危険な香り?赤ちゃんのお肌への影響と選ぶポイント


最近、赤ちゃんの衣類と大人の衣類に兼用できる柔軟剤も増えていますよね。

兼用できるならば洗濯の時間も短縮でき能率もよくなりますが、そのような柔軟剤の香りや刺激はどうなんでしょう?

親としては、赤ちゃんにも負担のない香りや刺激なのか・・・とっても気になりますよね。


柔軟剤のラベルやメーカーのサイトで「赤ちゃんにも使えます」と記載されていれば安心!それなりのチェックにクリアしているはず!・・・と信じてもいいものでしょうか?

中にはあやふやになっているものもあるかもしれませんし、実際自分の子供に合うか不安が残ります。


そこで、赤ちゃんの衣類やタオルに柔軟剤を使用する場合の「香り」と「デメリットとリスク」について調べましたので見てみたいと思います。

是非最後までお付き合いください。

スポンサードリンク



柔軟剤の香りについて注意すべき点


「香りが心を癒す」と言いますよね。心地よい香りに気分も落ち着きリラックスできる!

柔軟剤コーナーでずらっと並んだ柔軟剤を見てみると、そのほとんどの柔軟剤にはなんらかの香りがついています。中には香水の名前がついている柔軟剤もありますよね。

良い香りを含む製品には癒し効果を期待して購入するという方もいるでしょう。


個人的に私は香水が苦手なので香料のきつくない柔軟剤を探すのですが、香りがしっかりした柔軟剤の種類が多すぎて微香性の柔軟剤はなかなかみつかりません。


こういった香水のような香りが売りの柔軟剤は近年若い方、特に男性に人気があるそうです。

しかし、この匂いが体調を崩すきっかけにもなることがあるそうで、国民生活センターには「柔軟剤の香り」に関する相談が年々増加しているそうです。

「公害」の「公」の字が「香」の字で「香害」!香りの害という言葉も聞きますよね。


「香害」とまで言われてしまう柔軟剤の香りの原因。それは科学的に合成された「香料」です。

香りだけなら大丈夫なんじゃないの?と思いがちですが、化学物質の香りを吸いこんだ場合、その香りが肺に入ったり脳にまで届くということです。

こういった香りをかぐと匂いに酔うといった方もいるそうで、頭痛や吐き気などの症状があらわれることも。

そのようなことが赤ちゃんにも起こるかもと思うと本当に恐ろしいですよね・・・赤ちゃん専用の柔軟剤が無香料とされているのは、こういった体調への影響が理由のひとつとされています。


しかも柔軟剤には成分表示の義務が無く、法令規制もありません。

そのため実際にどのような成分が含まれているのかわからないという可能性があります。

赤ちゃんの柔軟剤を選ぶときは、無香料のもの、または香料などに含まれている成分がはっきりわかる商品を使うことをおすすめします。

赤ちゃんの衣類やタオルに柔軟剤を使用した場合のデメリットとリスク


赤ちゃんの肌はとってもデリケートです。敏感な肌のためにも肌触りがよくなるように衣類を柔らかくする柔軟剤も使いたいですね。

でも、柔軟剤の使用にはデメリットが存在しているのも事実!そのため、赤ちゃんに柔軟剤を使用する場合は注意する必要があります。


柔軟剤を使用したときに引き起こされるデメリットとしては、

・肌のかゆみ

・肌荒れ

・湿疹

・頭痛

・香りで気分が悪くなる

などが報告されているそうです。

大人にも柔軟剤のデメリットはありますが、小さな体の赤ちゃんにはその影響がもっと出てしまいそうですよね。

お話しができない赤ちゃんは「頭が痛い」「気持ち悪い」とは言えないですから体調の変化などを感じ取ってあげなければなりません。

気づかないで放置してしまうと危険です。


この中で赤ちゃんに柔軟剤を使うときリスクとして多く見られるのは、アトピーや乳児湿疹と言われています。

お腹や足などがザラザラ、ゴワゴワ・・・。さらにお風呂上がりに体にまだらな赤い湿疹などが起こるケースがあるそうです。

こういった肌トラブルは柔軟剤によって引き起こされる場合があり、特に柔軟剤に含まれている合成化面活性剤は肌のたんぱく質を破壊する恐れがありますので注意が必要です。

洗濯後、化学物質が衣類に残ってしまうと赤ちゃんのアトピーや皮膚炎、アレルギーなどの原因にもなりかねません。


この他にも、頭痛・吐き気などの症状がでないか、柔軟剤を使用した衣類やタオルを使用する際には十分注意して観察する必要があります。

このように柔軟剤には多くのデメリットやリスクがありますから、しっかりと下調べすること、また使用は少量ずつならして使い始めは体調の変化に注意することが大切です。

柔軟剤を選ぶ時のポイント


赤ちゃんの衣類に使う柔軟剤を選ぶ時には、赤ちゃんのデリケートな肌のことをよく考えて慎重に選ぶ必要があります。

理想としては、刺激が少なく合成香料が無添加なこと!さらに着色料無添加、防腐剤を添加していない柔軟剤がいいですね。

実際のママの体験談を見てみると、新生児期の時には赤ちゃん専用の柔軟剤を使うなどして気を使っていましたが、少し大きくなってきて、もう大丈夫だろうと大人の柔軟剤を使用し始めたら湿疹ができてしまったという口コミもあるようです(_)

このママの場合、もしかして柔軟剤が影響している?と思って柔軟剤を赤ちゃん用の柔軟剤に戻したところ湿疹がよくなったということです。


このように柔軟剤を赤ちゃん用から切り替える目安などいつからいつまで使えばいいかという情報はメーカーでもほとんど提供していません。

ママさんたちの体験談では6か月~9か月くらいで変えているという方が多いようですが、もっと遅い方もいらっしゃいます。


赤ちゃんの肌には個人差があるので、いつからということはズバッと指定できませんね。

そのため、初めて使用する柔軟剤の場合は、少しずつ慣らすこと、そして、しっかりと赤ちゃんの状態や体調をチェックすることが大切です。

もし何かしらの症状があった場合は、かかりつけの病院で受診しましょうね。


そして赤ちゃんの柔軟剤を選ぶ時には、添加物に十分注意して選ぶこと!パッケージの使用量を守って使うことも重要なポイントです。

間違っても容量を多めに・・・とか自分の感覚で使用量を決めないようにしましょうね。

スポンサードリンク



赤ちゃんにも安心して使える!おすすめの柔軟剤3選!


ここまで柔軟剤の注意すべき点やデメリット、リスクなどをご紹介しました。

じゃあ結局どんな柔軟剤だったら使えるの!?・・・という声も聞こえてきそうですね(・.・;)


赤ちゃんに柔軟剤を選ぶポイントは、なんといっても赤ちゃん専用の柔軟剤を選ぶこと!そして、着色料、合成香料、防腐剤などが無添加の柔軟剤を選びましょう。

これが赤ちゃんに使ってもいい柔軟剤の基準になります。


それでは実際に赤ちゃんが安心して使えるおすすめの柔軟剤をご紹介したいと思います。

それぞれ特徴がありますので、ご自分の赤ちゃんやご家族に合わせて選んでくださいね。

ピジョン ベビーソフター ひだまりフラワーの香り


口コミでも高評価!0ヵ月から使える柔軟剤です。

出典(商品紹介): https://products.pigeon.co.jp/


無着色、防腐剤不使用で、天然植物由来の成分を使用しています。

ほんわりやさしい香りで、ふわふわのやわらかさが長続きする赤ちゃん用の柔軟剤です。

赤ちゃんに安心して使える柔軟剤で仕上がりもふわっと優しく赤ちゃんのデリケートな肌に負担をかけません。

ほんのり香る匂いが良い!と口コミでもママさんに好評です。

◆Amazon・楽天市場で安く購入できます


ベビーファーファ 濃縮柔軟剤


赤ちゃんにも安心して使える低刺激な柔軟剤です。

出典(商品紹介): https://www.nsfafa.jp/


無香料・無着色・防腐剤不使用で低刺激!リラックス効果がある天然ベルガモット精油を配合しています。

ベビーファーファは吸水性に優れた成分が配合されているので、水分もスッと吸収します。

無香料なのが良い!と香りが苦手なママたちから口コミで絶賛の柔軟剤です。

◆Amazon・楽天市場で安く購入できます


チュチュベビー柔軟剤


天然成分キトサン配合のお肌にやさしいおむつや肌着用の柔軟剤です。

出典(商品紹介): http://chuchubaby.jp/


無香料、無着色!天然成分キトサン配合で赤ちゃんの肌をやさしく清潔に保ちます。

やわらかな仕上がりで吸水力もあり、静電気を防止します。

新生児の頃にはこれ!とママにも評判がいい柔軟剤で、肌着洗いには欠かせないと口コミで人気があります。

◆Amazon・楽天市場で安く購入できます


柔軟剤と一緒に使いたいおすすめの洗濯洗剤


洗濯には洗濯用の洗剤も重要!どちらも赤ちゃんの負担にならないものを選びたいですよね。

柔軟剤もしっかり選ぶのなら、当然柔軟剤の前に使う洗濯洗剤もしっかり選びましょう。

柔軟剤だけが赤ちゃんの肌に優しくても、洗剤が良くないものを使っては本末転倒!ここはどちらも妥協できませんよね。


ここからは、赤ちゃんにおすすめの柔軟剤と一緒に使いたいおすすめの洗濯洗剤のご紹介です。

是非とも一緒に揃えておきましょう♪

アリエール さらさ


洗浄力がしっかりあるのに、やわらかく洗い上がる洗濯洗剤です。

出典: https://www.myrepi.com/
>

蛍光剤・漂白剤・着色料は無添加!漂白剤などが無添加なのに、自然由来の洗浄成分「高活性オーガニック酵素」で真っ白に洗い上げます。

優れた洗浄力でしっかり汚れも落とし、ふんわりやさしい柔らかさに仕上げます。

ほんのり香る柑橘系の香りは、天然由来の香料成分!赤ちゃんにも優しい香りです。

赤ちゃんに優しい洗たく洗剤なのに、まっ白でふんわりやわらかい洗い上がり!ふわっと香る柑橘系の匂いもママたちの支持を得ています。

◆Amazon・楽天市場で安く購入できます


ドルチボーレ ナチュラルウォッシュ


蛍光剤・着色剤・漂白剤・合成香料は無添加!天然由来成分100%の洗濯洗剤です。

出典: https://www.dolcibolle.com/lpnw/


『ナチュラルウォッシュ』は、!生分解性を考えた赤ちゃんの肌にも自然にも優しい天然植物由来成分100%の無添加洗剤です。

楽天市場で、リアルタイムランキングで1位を何度も獲得している『ナチュラルウォッシュ』は濃縮タイプの万能洗剤!

洗剤を薄めると、キッチン洗剤としても使えますし、野菜や果物の洗浄の他にも窓の清掃や浴室の清掃にも使用できるんです♪


一見高い!と思わわせる『ナチュラルウォッシュ』!でも濃縮タイプだからさまざまな用途に使えて経済的です。

敏感肌のママからも安心して使えるて、赤ちゃんにもやさしい!しかも洗濯洗剤以外の用途にも使える『ナチュラルウォッシュ』は、ママさんの口コミで人気が広がっています。

専用の希釈ボトルもつき、初回限定で送料無料!個人的にもおすすめの洗濯洗剤です。

◆Amazon・楽天市場で安く購入できます


終わりに・・・


いかがでしたか?

今回は、柔軟剤によるかぶれなどの赤ちゃんへの影響と柔軟剤を選ぶ時のポイントをご紹介しました。

赤ちゃんのかぶれや肌荒れの原因にもなる柔軟剤。やっぱり心配ですよね。


赤ちゃんの肌に負担をかけないためにも、衣類をふんわりやわらかく洗い上げるには柔軟剤を使いたい!・・・ただ、赤ちゃんに柔軟剤を使うには注意が必要です。

目に見える症状が出たらママも気づけることができますが、頭痛や気分が悪いなどお話しができない赤ちゃんには伝えることができません。

目に見えない症状が起きないためにも、柔軟剤選びは慎重にしてください。


特に使い始めは要注意!赤ちゃんの様子をしっかり観察して、様子がいつもと違うと感じたら病院で受診しても良いと思います。

しっかりと注意をして使用すれば柔軟剤はとっても便利で役に立つものですからね(^_^)


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク