今回は、シンプルに学力が高そう!な賢い男の子の名前をランキングにしてご紹介します。


名前の漢字を見て、またはその響きを聞いて「勉強ができそう!賢そう」と、羨ましくなる名前ってありますよね。

もちろん実際には・・・ということもありますが、その名前で!って逆にインパクトあるかも!?

今回は、そんな勉強ができそうな男の子の名前を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク



子供の名前って不思議!



何億人のなかには、素晴らしい頭脳や才能を持って生まれてきた!という人もあるかもしれませんが、それはほんの一握りの人のこと、学力があり勉強ができる人の多くはそれなりの努力をしています。

そのような人たちの名前を見ると、不思議なことに「賢」「知」「秀」などの学力で勝負できそうな漢字が含まれています。

自分の名前に含まれている漢字に合わせて性格を形成する人はいないかもしれませんが、赤ちゃんんの名付けの時には「賢い人となりますように」「頭脳明晰で的確な判断ができる人に」など、漢字の意味などからさまざまな願いが込められますから、そんな親の願いが届くのかもしれません。

現実に名前に込められた願いのように育ってくれる子もいるのですから、名前って不思議ですね。

スポンサードリンク



勉強ができそうな男の子の名前ランキング



実際の人物を見る前に「勉強ができそう~!」と思わせてしまう名前を個人の観点で選びランキングにまとめました。

「確かに!」と思う名前も「え~っ!この名前が!?」と思う名前もあるかと思いますが、楽しみながらご覧いただけたらと思います。

中には珍しい、かっこいい、ちょっと読めない・・・など、いろんな名前もありますよ♪

スポンサードリンク


【28位】

勉輝


名前の読み方は「かつき」と読みます。

勉強の「勉」という漢字が入る名前で、「勉」の名のりは「つとむ・かつ・べん・まさる」などです。
「勉」は、つとめる、はげむ、すすめるの意味があり、勉学に努める人のイメージがありますよね。

クラスメイトに勉(つとむ)君がいましたけど、正直言えば中学生ころまでは勉強ができるイメージはありませんでした。

でも、風の便りに聞いたところによると、有名大学に進んだそうですよ。

本当だろうか…と疑ってしまいますけど。

【27位】

啓史


名前の読み方は「けいし」と読みます。

ひらく・導く・開放するなどの意味がある「啓」と、国の記録を司る役人・歴史書などの意味がある「史」の二文字で「啓史」です。
文才も理解力もあって、賢く、知的な人をイメージします。

【26位】


名前の読み方は「さとし」と読みます。

「諭」は、さとす・教え導く・悟るなどの意味があります。

知り合いに「諭」さんがいますが、分け隔てなく誰にでも接することができる頭の良い人で、皆に慕われていますね。

【25位】

学杜


名前の読み方は「まなと」と読みます。

まなぶ・知る・さとる・学問などの意味がある「学」の漢字が入った名前です。

熱心に勉強する人、知識が豊かな人のイメージがあり、勉強もできそうです。

クラスメイトに学(まなぶ)君がいましたが、勉強ではなく違うことに知恵が回っていました。

【24位】

詞音


名前の読み方は「しおん」と読みます。

男の子にも女の子にも使える名前で、知的で文学的な才能に恵まれた人をイメージします。

文系の教科ならトップをとれそうです。

【23位】

一冴


名前の読み方は「かずさ」と読みます。

一つ・一番目・はじめの意味がある「一」と、さえる・澄み渡るなどの意味がある「冴」で「一冴」は、頭の回転が速く聡明な人をイメージします。

【22位】

聡悟


名前の読み方は「そうご」と読みます。

男の子の名前に止め字として使われることが多い「悟」には、理解する・さとるなどの意味があります。

賢い・理解力や判断力に優れるの意味がある「聡」との組み合わせで、判断力に優れ、賢く勉強のできる人を連想します。

【21位】

亮磨


名前の読み方は「りょうま」と読みます。

あきらか・はっきりしているの意味がある「亮」という漢字が入る名前で、「亮」の名のりは「りょう・あきら・よし」などです。

明るく元気、聡明で誠実なイメージがありますよね。

【20位】

俐空


名前の読み方は「りく」と読みます。

かしこい・さとい・気が利いているなどの意味がある「俐」という漢字が入る名前で、「空」との組み合わによって世界で活躍できる
ような知的で賢い人をイメージします。

【19位】

英知


名前の読み方は「えいち」と読みます。

美しい、優れているなどの意味がある「英」と、しる・さとる・ちえ・知識・つかさどるなどの意味がある「知」の二文字が組み合わさった名前です。

魅力的で知性がある優秀なリーダーをイメージします。

【18位】

文人


名前の読み方は「あやと」と読みます。

文学の「文」という漢字が入る名前で、「あや・ふみ・ぶん・もん」など多くの名のりがあります。

「文」は、現れ・言葉・文章・道徳などの意味があり、知性や文学、文化的なイメージのある人をイメージします。

【17位】

聖佳


名前の読み方は「せいか」と読みます。

知特に優れた人・道理に明るい人・清らかなどの意味がある「聖」という漢字が入る名前で、「聖」には「せい・あき・きよ・さと・ひじり」など多くの名のりがあります。

清らかで品がある聡明な人で、周囲の人に尊敬されるイメージがあります。

【16位】

史穏


名前の読み方は「しおん」と読みます。

国の記録を司る役人・歴史書などの意味がある「史」という漢字が入る名前で、「史」の名のりは「し・ふみ・ちか・ひと」などです。

聡明で落ち着きがある知識が豊富な人のイメージがあります。

【15位】

哲詩


名前の読み方は「さとし」と読みます。

あきらか・さとい・賢い・道理に通じるなどの意味がある「哲」という漢字が入る名前で、「哲」の名のりは「てつ・さと・さとし・あきら・あき」などです。

知性ある聡明な人をイメージしますよね。

【14位】

良賢


名前の読み方は「りょうけん」と読みます。

優れている、質が良い、よいなどの意味がある「良」という漢字が入る名前で、「良」の名のりは「りょう・あきら・ら・よし」などです。

才能があり賢く優秀な人をイメージしますね。

他にも、男女ともに使えそうな奏良(そら)も学力が高そうです。

【13位】

了真


名前の読み方は「りょうま」と読みます。

悟る、終わる、賢い、明らかの意味がある「了」という漢字が入る名前です。

「了」の名のりは「りょう・さとし・さとる・あき」などで、しっかり判断できる頭の良い人のイメージがあります。

了の漢字は、終了の了で縁起が悪そうと思ってしまいますが、「了」の漢字の形がおくるみにくるまれた赤ちゃんに似ていることが由来なんだそうですよ。

漢字一文字で了(りょう)、「史」との組み合わせで了史(りょうじ)も賢そうです。

【12位】

修佳


名前の読み方は「しゅうか」と読みます。

おさめる・なおす・正しくする・学ぶ・立派になるなどの意味がある「修」という漢字が入る男女ともに使える名前で、賢く真面目な努力家をイメージします。

他にも修悟(しゅうご)、女の子では修加(しゅうか)なども優等生を連想しますよね。

【11位】

知志


名前の読み方は「さとし」と読みます。

知恵の「知」という漢字が入る名前で、「知」は、しる・さとる・ちえ・知識・つかさどるなどの意味があり、知識が豊富な賢い人のイメージがあります。

他にも、知史(さとし)知哉(ともや)、女の子では知子(ともこ)も学力勝負でいけそうです。


才加


名前の読み方は「さいか」と読みます。

才能の「才」という漢字が入る名前で、生まれ持った能力、学問、素質の意味があり、賢く才能がある人をイメージします。

才佳(さいか)の名前も勉強ができそうです。

現実に才加さんが知り合いにいますが、頭の良い人です。


智史


名前の読み方は「さとし」と読みます。

知恵・賢い・知恵のある人・賢い人などの意味がある「智」という漢字が入る名前で、「智」の名のりは「さとし・さとる・とも」などです。

知識豊かで賢く、人をまとめる力があるリーダーのイメージがありますよね。

女の子なら、智帆(ちほ)はどうでしょうか。


惟仁


名前の読み方は「これひと」と読みます。

思う・よく考えるの意味がある「惟」の漢字が入る名前で、「惟」の名のりは「い・これ・ただ・のぶ・よし」などです。

思慮深く、物事を冷静に判断できる聡明な人のイメージがあります。

他にも、惟吹(いぶき)も勉強ができそうです。



名前の読み方は「つかさ」と読みます。

「司」は、役人・つかさどる・管理するなどの意味があります。

名のりは「つかさ・し・じ・もと」などで、判断力に優れていて人を統率する力がある頭のいい人を連想します。

「司(つかさ)」は2人ほどお会いしたことがありますが、2人とも頭が良く勉強ができる人で、しかもイケメンでしたよ。


理人


名前の読み方は「りひと」と読みます。

筋が通る、道理、磨くの意味がある「理」の漢字が入る名前で、「理」の名のりは「り・さと・おさむ」などです。

「理」の入る名前には、物事を正しく理解できる賢く知的な人のイメージがあります。

他にも、理(おさむ)、女の子なら理央(りお)も勉強ができそうです。

理(おさむ)になら、向井理さんがいますね。


秀哉


名前の読み方は「しゅうや」と読みます。

優秀の「秀」という漢字が入る名前で「秀」は、優れる・優れた人などの意味で、「しゅう・ひで・さかえ」など多くの名のりがあります。

才能に恵まれた賢い人のイメージをうける「秀」が入った名前には、秀都(ひでと)、女子のなら秀穂(ひでほ)、秀華(しゅうか)も勉強ができそうです。



名前の読み方は「さとし」と読みます。

聡明の「聡」という漢字が入る名前で、名のりは「さとし・さと・たか・かつ」、「かしこい・優れている」などの意味があります。
「さとし」の響きの漢字はほかにもありますが、「聡」は爽やかに賢い人のイメージです。

他には、聡一郎(そういちろう)、聡亮(そうすけ)、女の子なら聡子(さとこ)も学力勝負!勉強ができそうな名前ですね。


賢葵


名前の読み方は「けんき」と読みます。

男女ともに人気の「葵」と、かしこい・優れているなどの意味がある「賢」の漢字が入る名前です。

賢く聡明なイメージのある漢字は使われているこの名前には、賢く知性がある人に育ちますようにの願いが込められます。

賢介(けんすけ)、賢志(けんし)の名前も勉強ができそうなイメージがありますよね。


怜史


名前の読み方は「さとし」と読みます。

ランキングにある「怜」と「史」の組み合わせです。

「怜」には、賢い・いつくしむの意味があり、名のりは「れい・さとし・さと・れん」などです。

「史」と組み合わせると、穏やかに清らかで誠実さがあり賢い人のイメージになります。

漢字一文字で「怜(れい)」「怜志(れいじ)」女の子なら「怜那(れいな)」も勉強ができそうなイメージです。



名前の読み方は「けい」と読みます。

彗星の彗に心が合わさった漢字「慧」は見た目もかっこいいですよね。

「慧」の名のりは「けい・あきら・さとし・さと」などで、賢い・頭の働きが優れているなどの意味があります。

頭の回転が速く、聡明なイメージをうけますよね。

漢字一文字で「慧」ならHey!Say!JUMPの伊野尾慧さん!周囲の人に可愛がられる術も頭脳プレーでしょうか。

他にも慧人(けいと)、女の子なら美慧(みさと)さんも学力勝負でいけそうです。

スポンサードリンク



終わりに


いかがでしたか?

今回は学力勝負!勉強ができそうな名前をランキングにしてご紹介しました。

あなたの周囲にランキングにある名前と同じで、確かに勉強ができる!という人はいたでしょうか。

東大合格者には、ひらがな読みで三文字、最後は「し」で終わる名前の人が多いと聞いたことがありますが、「し」で終わる名前なら男の子ですね。

実際にどのような名前が多いのか調べると面白そうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク