男の子と女の子、どっちにもつけられる名前ってどんなのがあるの?


最近では、当て字を使った名前も数多くあり、男女共通で使われている漢字も増えています。

そのようなこともあって、男の子と女の子のどちらにもつけられる名前がよく見られるようになりました。

男の子にも女の子にも違和感のない中性的な名前は、響きもやわらかくおしゃれですよね♪

今回は、男の子と女の子のどちらにもつけられる名前をランキング形式にしてご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください。


スポンサードリンク



男の子と女の子のどちらにもつけられる名前の今と昔


男の子にも女の子にも違和感のない中性的な名前は、今に始まったことではなく昔からありますよね。


「光(ひかる)」「晶(あきら)」「環(たまき)」「薫(かおる)」「忍(しのぶ)」「歩(あゆみ)」。

ぱっと頭にひらめくくらいに案外多く名前を思いつきますが、昔は漢字一文字の名前が多かったかなと思います。

最近では名前に当て字も使われるので、漢字二文字の中性的な名前も増えて、ずいぶんとおしゃれになっています。

中性的な名前をつけるにあたっては「生き方を男女で区別しないため」と、しっかりとした考えを持って名付ける方もいるそうです。

赤ちゃんを授かったとわかって、すぐに名前を考えたい!というパパママもいるでしょう。

そんなパパママにおすすめの名前が中性的な名前です。

中性的な名前なら、性別が判明する前にも、お腹の赤ちゃんに名前を呼んで語りかけられますね。

スポンサードリンク



男の子と女の子のどちらにもつけられる名前ランキング



最近では妊娠後の早い段階で赤ちゃんの性別がわかってしまうケースが多いですね。

でも、やっぱり生まれてくるまで秘密にして欲しい!という人も多いそうです。

そんな時、やっぱり困るのが名前でしょう。女の子か男の子かわからないと、なかなか決められないかもしれません。

そこでそんな方のために!昔も今も愛されている中性的な名前の中から個人の観点でオシャレでかっこいい!かわいい!という男の子にも女の子にもつけられるおすすめの名前を選びました。

ここではランキングにして発表していきますので、パパさんママさんの参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサードリンク


【30位】

琥珀


名前の読み方は「こはく」と読みます。
「琥珀」は、宝石の一つで、パワーストーンとして持っている方もいます。

「輝きをもつ、豊かで幸せな人生を歩んでほしい」と願いが込められます。

【29位】


名前の読み方は「けい」と読みます。

「圭」には、いさぎよい・容量の単位などの意味があります。

錦織圭さんの影響でしょうか?さわやかで清らか、成功者のイメージがあります。

女の有名人では、元モーニング娘の「保田圭」さんがいますね。

【28位】

吐夢


名前の読み方は「とむ」と読みます。

「叶」は「かなう・合う」、「夢」は「ゆめ・希望」などの意味があります。

希望や夢をもって前に進み、それを実現してほしい!と願いが込められそうですね。

【27位】

千尋


名前の読み方は「ちひろ」と読みます。

「千尋」は「山が非常に高いこと・海や谷などが非常に深いこと」を意味します。

言葉の意味などから、「誠実で深みのある人となって、幸せな人生を送ってほしい」と願いが込められそうです。

【26位】


名前の読み方は「れい」と読みます。

「怜」は「さとい・かしこい」などの意味があります。

願いを込めるなら、人に尊敬され、頼りになる賢い人になってほしい!でしょうか。

さわやかで、判断力のある男性や女性をイメージしますよね。

【25位】

玲央


名前の読み方は「れお」と読みます。

「玲」は「玉や金属の触れ合って鳴る音・透き通るように美しい」、「央」は「なかば・まんなか」などの意味があります。

爽やかで透明感のある素直な人に育ってほしい!と願いが込められそうです。

玲央君も玲央ちゃんも、よく見かけますよね!自分が知っている「玲央」君は爽やかで素直な男性、「玲央」ちゃんは皆の注目の的になる素敵な女性です。

【24位】

和泉


名前の読み方は「いずみ」と読みます。

「和」は、やわらぐ・なごむ・なごやか、「泉」は、いずみ・湧き出る水・みなもとなどの意味があります。

「人との和を大切にし、周囲の人を和やかにできる優しい人になってほしい」という願いが込められます。

さわやか、なごやかで才能豊かな人のイメージがあり、漢字一文字で「泉」も男の子とも女の子のどちらにも付けられる名前です。

【23位】

千春


名前の読み方は「ちはる」と読みます。

「千」は「せん・数が多い」、「春」は「立春から立夏まで」を意味します。

「明るく、人の心まで温かくできるような人となって、多くの幸せが舞い込んできますよう」と願いが込められそうです。

男の子なら「スケールの大きな人に育ってほしい」という願いも込められますね。

有名人の千春さんは、男性なら「松山千春」さん、女性なら「新山千春」さんでしょうか・・・若い世代にはわからないですね。

【22位】

未来


名前の読み方は「みらい」と読みます。

「未」は「いまだ・無限の可能性」、「来」は「くる・きたる」などの意味があります。

願いを込めるなら、「無限の可能性を秘めた未来がくるように」でしょうか。

有名人の男性なら俳優の「森山未来」さん、女性には女優の「志田未来」さんがいます。

【21位】


名前の読み方は「じゅん」と読みます。

「潤」は、「うるおう・豊かになる」などの意味があります。

願いを込めるなら「優しく、健康で、心身ともに豊かな人生を送ってほしい」ですね。

男の子にも女の子にも似合う名前で、有名人には嵐の「松本潤」さん、モデルの「長谷川潤」さんがいますね。

【20位】

雅楽


名前の読み方は「うた」と読みます。

「雅」は「みやびやか・上品・優美」、「楽」は「おんがく・かなでる・喜ぶ・楽しい」などの意味があります。

和風で落ち着いた雰囲気を持つ上品な名前ですね。

「豊かな感性をもって、楽しい人生を送ってほしい」と願いが込められます。

【19位】

瑞希


名前の読み方は「みずき」と読みます。

「瑞」は「しるし・めでたい・みずみずしい」、「希」は「まれ・ねがい・少ない」などの意味があります。

「冷静な判断力、類いまれな才能を持つ人となってほしい」と願いが込められます。

【18位】


名前の読み方は「なぎ」と読みます。

「凪」は「風がやんで波が穏やかになる・水際・波打ち際」を意味します。

平和で穏やか、広い心で周囲の人を受けとめられる人に育ってくれそうな名前です。

漢字一文字の「凪」は、男の子にも女の子にも似合いますよね。

【17位】


名前の読み方は「そら」と読みます。

空をイメージさせる名前で、男の子と女の子のどちらにも名付けられます。

男だけでなく、女も社会で活躍する時代!「スケールの大きな人となって、世界で活躍してほしい」と願いが込められます。

【16位】

歩夢


名前の読み方は「あゆむ」と読みます。

「歩」は「前進」、「夢」は「ゆめ・希望」などの意味があります。

「夢をもって歩み進んで、夢を実現にできる人となってほしい」と願いが込められます。

漢字一文字で「歩」も、男の子と女の子どちらにも付けられる名前です。

【15位】


名前の読み方は「うみ」と読みます。

「うみ・わたつみ」などの意味がある「海」は、爽やかなイメージがあり、生命力を感じますよね。

名前への願いは、「広く大きな心で、深い愛情をもって人生を送ってほしい」でしょうか。

響きも漢字の成り立ちも、男の子にも女の子にも似合う名前です。

【14位】

優希


名前の読み方は「ゆうき」と読みます。

「優」は「やさしい・しとやか」、「希」は「まれ・少ない・ねがい」などの意味があります。

男の子の名前にも女の子の名前にも使われる漢字の組みあわせで、「優希」は優しく温かいイメージがありますね。

願いを込めるなら「優しく、温かく、希望をもって人生を歩んでいってほしい」でしょうか。

【13位】

璃都


名前の読み方は「りと」と読みます。

「璃」は「るり・玉の名・青色の美しい宝石」、「都」は「人が集まるところ」の意味があります。

透明感のある上品なイメージの名前には、「多くの人に慕われる魅力のある人になってほしい」と願いが込められます。

【12位】

夏希


名前の読み方は「なつき」と読みます。

夏生まれの男女に付けられる名前です。

夏のイメージと漢字の意味などから、「輝くように明るく、希望をもって毎日を過ごしてほしい」と願い込められそうです。

【11位】


名前の読み方は「りつ」と読みます。

「律」は「おきて・さだめ・音楽の調べ」などの意味があります。

また、「強い精神力・意思を持つ人になってほしい」と願いが込められます。

芸術・音楽のイメージがある名前は、男の子にも女の子にも似合いますね。


瑠可


名前の読み方は「るか」と読みます。

「瑠」は「瑠璃」の熟語で使われる漢字で「玉の名前」を意味します。

「可」は「良い・美点」などの意味があります。

男の子にも女の子にも似合う、清らかなイメージの名前でには

「清らかな心を持つ人」「自分の実力を発揮できる人」になってほしい!と願いが込められます。


朝陽


名前の読み方は「あさひ」と読みます。

「朝」は「あさ・はじめ・つかさ」、「陽」は「ひ・太陽・ひなた」などの意味があります。

「太陽のように周囲を明るくし、爽やかに元気に過ごしてほしい」と願いが込められます。

「あさひ」の響きには「朝日」や「旭」もありますが、男の子と女の子のどちらにもつけられる名前なら「朝陽」の漢字が良いと思います。



名前の読み方は「つばさ」と読みます。

空にはばたくイメージがある「翼」は、「つばさ・助ける・守る」の意味があります。

名前に願いを込めるなら「のびのびと自由に育って、未来へはばたいてほしい」でしょうか。。

「翼」くんも「翼」ちゃんも、見かけますよね。

有名人なら、ジャニーズを辞められましたが「今井翼」さん、女優の「本田翼」さんがいますね。


瀬名


名前の読み方は「せな」と読みます。

「瀬」は「せ・川の浅いところ・はやせ」、「名」は「なまえ・名称・名声」などの意味があります。

「穏やかに冷静に物事を判できる人となって、名声・名誉を手に入れてほしい」と願いを込められそうです。

男の子の名前としても、女の子の名前としても、賢いイメージがあります。


詩音


名前の読み方は「しおん」と読みます。

「詩」は「一定の規律に従って作られた韻文」、「音」は「おと・耳に聞こえてくるものの総称」の意味があります。

音楽や芸術のイメージがある名前には、「優れた感性・表現力を持つ人になってほしい」と願いが込められます。


柚季


名前の読み方は「ゆずき」と読みます。

「ゆず」は「ミカン科の常緑低木」、「季」は「四季の終わり」を指します。

ゆずの実のコロコロかわいいイメージと四季が見せるさまざまな表情を思わせる名前です。

この名前に願いを込めるなら「感性豊かに育ってほしい」ですね。



名前の読み方は「かなで」と読みます。

「奏」は「すすめる・さしあげる・申し上げる・かなでる・演奏する」などの意味がある漢字です。

そんな「奏」に願いを込めるなら、「周囲の人を和ませ、癒すこのできる人になってほしい」でしょうか。

広い心で温かいイメージの「奏」君と「奏」ちゃんを思わせます。


伊織


名前の読み方は「いおり」と読みます。

「伊」は「これ・この・ただ」、「織」は「おる・機を織る・色糸で織った絹」の意味があります。

「繊細で優しく、心遣いができる人になってほしい」と願いが込められそうです。

「イ」の響きの漢字が変わり「依織」となると、中性的な名前から女の子の名前になりますね。



名前の読み方は「かえで」と読みます。

最近では、男の子と女の子のどちらにも人気のある名前です。

「楓」が男の子にも人気となったのは、『スラムダンク』の「流川楓」の影響もあるのでしょうか。

紅葉の「鮮やか・みやびやか」なイメージから、「気品のある人となり、彩り豊かな人生を送ってほしい」と願いを込められそうです。



名前の読み方は「あおい」と読みます。

「葵」は、植物のあおいを指し、男の子と女の子の名前のどちらにも人気がある漢字です。

女の子に大人気の名前ですが、最近では男の子の名前ランキングにも見られるようになりました。

「明るく素直に成長し、自分の思いを実らせてほしい」と願いが込められますね。

スポンサードリンク



終わりに


いかがでしたか?

今回は、男の子と女の子のどちらにもつけられる名前のご紹介でした。

この名前はいいかもしれない!と感じた名前がありましたか?

男の子が女の子の名前のように可愛い名前、女の子が男の子の名前のようにかっこいい名前がついていると、イジメられると聞いたことがあります。

でも、昨今では漢字の組み合わせも読み方もかなり自由につけられ、なかには初見で読めない名前も多くありますよね。

読めない名前に比べたら、中性的な名前の方がいいじゃない!と思われている方もいるのでは。

ようは周囲の人の捉えようです!個人的には中性的な名前もいいな~と思いますよ。

最後までありがとうございました。

スポンサードリンク